1. HOME
  2. 事業案内
  3. シルクスクリーン印刷
  4. シルクスクリーン印刷とは

シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷とは

TOPスライド事業案内

【シルクスクリーン印刷とは】

シルクスクリーン印刷とは、「スクリーンメッシュ」を用いた版を使用する印刷方法です。
以前は版に絹の繊維のスクリーンを使用していたため、「シルクスクリーン印刷」と呼ばれていましたが、現在はテトロン・ポリエステル・ナイロンなどを使ったスクリーンが使用されるため、「スクリーン印刷」と呼ばれるようになりました。
スクリーンの網目からインクを通過させ、印刷する「孔版印刷」の一種で、使用できるインク・感光剤・スクリーンメッシュが多様に存在するため、印刷対象は「水と空気以外のあらゆるもの」と言われています。

【スクリーン印刷の流れ】

①データの作成(デザイン相談)

イラストレーターを使用し、印刷データを作成します。
デザインを相談しながらオリジナル商品の作成も行うことが可能です。

②データのフィルム化

作成されたデータをフィルムへ出力します。
ミリ単位の文字データから、メートル単位のデータまでフィルム化が可能です。

③感光乳剤の塗布

印刷するものにより適切な厚さで感光乳剤を塗布します。
感光乳剤の塗布に関しては、厚くても薄くても製版が上手くいきません。

④紫外線照射

出力したフィルムを、感光乳剤を塗布したスクリーンに固定し、真空状態にしてから、紫外線を照射します。
紫外線を照射することで、フィルム以外の部分の感光乳剤は硬化し、皮膜化状態になります。

⑤洗い流し・乾燥

フィルムの部分の感光乳剤は硬化しないため、水で洗い流します。
この洗い流された部分が印刷される部分となります。

⑥調色

DICカラーなどで指定された色を表現するため、インクを混ぜ合わせて色合いを調整します。
イメージとの差異を無くすため、色校正を推奨しております。

⑦印刷

バキューム台へスクリーンを取り付け、印刷市を調整し、スクリーンにインクを流しいれ、スキージでインクを印刷物へ落とします。

⑧仕上げ・完成

インクが乾燥したらスクリーン印刷が完成となります。